シミがあると人と話すのが怖い

外や明るいところに出て人と話するのが怖いです。

特に人と話していて、気のせいかもしれませんが、目線がシミにいっているような気がするときが多いです。また、メガネをかけている人にもシミがよく見えてしまっていそうで気になります。

写真を撮影する時に老けて見えるので気になります。

とにかくシミは乾燥と日焼けをするとなるという認識があったので、学生のころから出来るだけ日焼けしないように心がけています。夏はもちろん、冬でも日焼け止めのきつめのものを付けるようにしていますし、数分でも日焼けどめなしで外出しないことです。

ビタミンが含まれているシミ用スティックホワイトニングがあり、
毎日お風呂上りに塗っていましたが顔のシミの化粧品の効果が見えませんでした。

お風呂に入った後、本当に一番に化粧水をつけて保湿することです。あと、洗濯物を干す時や、ごみを捨てに行くなど、数分でも日に当たらないようにしています。これによってずいぶんシミも増えることがなくなってきたと思います。

自分に自信がもてて、明るいところでも、人と目を合わせて明るく話すことができると思います。気になるところにはコンシーラを塗っていますが、塗っているときと塗っていないときでは全然気分と社交的さが違うと思います。

肌が綺麗だと何よりも良く見える要素ですし、自分に自信をもつことができると思います。好きなひとにも積極的に話しかけたりもできると思います。性格が明るくなると、人とのコミュニケーションもうまくいくと思います。